2007年03月07日

ハゲタカが病院に来るのかなぁ??

きたよ。民営化。民営化の暁には....さてどうなる??


道立7病院、民営化も 夏めどに見直し案 赤字600億円

  2007/03/06 07:21
 道は五日、紋別など七つの道立病院の運営体制を、民営化を視野に抜本的に見直す方針を決めた。七病院の累積赤字が約六百億円に膨らんでおり、今後も収支の好転を望めないことから、道による直営も見直さざるを得ないと判断した。道は、関係する地元との協議を経て、今夏をめどに具体的な見直し案を作成し、二○○八年度から新体制への移行を進めたい考えだ。

 赤字運営を理由に全国の県立病院などで広がっている民営化を、道が道立病院で具体的に検討するのは初めて。

 紋別以外の病院は、羽幌(留萌管内羽幌町)、江差(桧山管内江差町)、北見、苫小牧、向陽ケ丘(網走市)、緑ケ丘(十勝管内音更町)。

 これらの病院の年間収支は○五年度、一カ所当たり三億六千万−十三億八千万円の赤字で、合計では六十一億円に上る。七病院合わせた累積赤字は○五年度末、五百九十四億円に膨らんでいる。

 道は○六年二月、七病院の運営体制見直しについて、外部の有識者でつくる「北海道病院事業に関する次期計画検討協議会」(会長・加藤紘之道医師会副会長)に検討を依頼。協議会が分析したところ、七病院の人件費は収益の97・7%に達し、全国自治体病院の平均である55・2%を大きく上回っているなどの赤字体質が判明した。
 協議会は今年二月、「道立病院の運営体制は、公務員体質など構造的な欠陥を有している」とし、民営化するべきだとの提言を道に伝えた。
 
これを受け、道は《1》建物は道所有のままでの公設民営《2》建物も含めた民間移譲《3》病院ごとの独立行政法人化−などの具体策の検討に入った。

 ただ、精神医療専門の向陽ケ丘と緑ケ丘の両病院については、患者が道内一円から集まっていることを考慮し、道営のまま残す案も有力だ。

 道保健福祉部は「関係する地元の意見を聞きながら具体的な計画案をまとめたい」としている。

 道は一九四八年、結核治療などのための特殊法人「日本医療団」の七病院を引き継いで道立病院の運営をスタート。新設や市町村からの移管によって五四年には二十四カ所を有したが、不採算などにより、八七年度から再編に着手した。これまでに十三病院を廃止、松前(渡島管内松前町)や寿都(後志管内寿都町)など四病院を市町に移管した。



まあ、刑務所も民営化するらしいから、どんな施設が民営化してもおかしく無いといえばそうなんだけど....

人件費99%か...そして公務員体質....なんだかどこでも使えそうな、みんな納得しそうな理由だけど....


民営化するといいことだらけなのかな??

北海道は、赤字が減るからいいよな。
その病院を買う企業は...安く買えて努力次第で収益が上がるからいいかもしれない。
その地の人達は、医療が受けられる安心感は得られるよな。

うん。いいことだらけっぽい気もするけど。

でも、何か落とし穴がある気がします。

これ、昔読んだ、「ハゲタカファンド」の話に似ている気がします。

ハゲタカって言うと悪いイメージなんだけど、建て直しをして、
その地に健全な医療を保証してくれるならば、別にいいんじゃないかなとも思います。

多分肯定意見はこんなんで、否定意見はちょっとでにくいかと。

しかし、もっと深いレベルでは分からないけど。

.........

患者さんにとってはどうなのでしょうかね。

民営化という事は、もっと厳しくなるぞという事に等しいけど、

どうなんだろ。

ちょっとにょろすけにはこれ以上思考ができないので、ごめんなさい。

posted by にょろすけ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。