2007年03月02日

あまりにも突然....


もう、これを見て驚いてしまいました。どうしたらいいのでしょうか。われわれは。


ICU医師全員退職へ 国循センター 執刀との分業困難

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000017-san-soci



3月1日8時0分配信 産経新聞

 国立循環器病センター(大阪府吹田市)で、

外科系集中治療室(ICU)の専属医師5人全員が、3月末で同時退職することが28日、分かった。




同センターは国内で実施された心臓移植の半数を手掛けるなど循環器病治療の国内最高峰で、ICUは心臓血管外科手術後の患者の術後管理・集中治療を受け持ち、診療成績を下支えしてきた。同センターはICU態勢の見直しを検討している。

 同センターによると、ICUには5人の専門医が所属。所属長の医長を含む2人のベテラン医師が辞職を表明したのをきっかけに、指導を仰げなくなる部下の3人の医師も辞職を決めたという。

 ベテラン医師2人は辞職の理由を「心身ともに疲れ切った」と説明しているという。

 同センターのICUが対象とするのは、先天性心疾患や冠動脈・弁疾患、心臓移植、大血管疾患などさまざまな心臓血管外科系の難病患者。成人だけでなく小児も対象とし、外科手術後の患者の最も危険な時期の全身管理や集中治療を24時間態勢で行ってきた。

 ICUの入院病床は20床で、年間1100症例を超える重篤な患者を受け入れ、常に患者の容体の急変に備え、緊張を強いられる環境にあった。

 同センターは、5人に残るよう慰留を続けているが、辞職の決意は固いという。

 このため4月以降は、他部署からICUの専属要員を確保するものの、ICUでの患者の超急性期管理・集中治療は、執刀した外科チームが責任を持って行う態勢にすることを検討している。

 同センター運営局は「特にベテラン2人に代わる人材はおらず、これまでのように執刀チームとICUの分業ができなくなる。しかし、手術件数を減らしたりICUでの管理が不十分になるなど患者に影響を与えるようなことはない」と話している。


最高峰の技能が2人「疲れ切った」で退職。

昔の侍のような......

我々はどうしたらよいのでしょうね。

この最高の技術者はどこにいくのでしょう。

後進の育成にいくのか....それとも??

とにかく、

まず、休んで欲しいです。疲れ切ったと言っている方は、
まず休むのが一番ではないのでしょうか。

でも、ショック。
倒れる時はあっという間なのかもしれないです。


タグ:医療崩壊
posted by にょろすけ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35026825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。