2007年02月25日

人為的な崩壊の影に忍び寄るモノありか??

こちらは、人為的な「医療崩壊」が問題になっていますが、
こんな話が出てきました。

本来ならこっちに力を注がねばならないと思うのですが...

ソース↓
http://www.chibanippo.co.jp/news/shakai/kiji.php?id=shakai07022310192501


世界初のヒト感染死
50代男性、「気腫そ菌」で 船橋の病院
 

船橋市立医療センター(小澤俊院長)は二十二日、記者会見を開き、同病院の五十代の男性患者が、牛など家畜の体の組織を壊(え)そさせる「気腫そ菌」に感染し死亡したと発表した。人間の感染例は世界初で、日本臨床微生物学会など二学会に発表したという。

 同センターによると、男性は昨年二月にノドの風邪のような症状を示して高熱を出した。その翌日に、男性は胸を棒で打ち、軽い打撲傷を負った。その次の日には心肺停止状態で搬送され、間もなく死亡した。

 腫(は)れがひどかった打撲部分の組織について、国立感染症研究所で菌の遺伝子を調べたところ「気腫そ菌」であることが分かった。

 この菌は、通常牛や馬など草食動物が感染する菌で家畜伝染病法で届出伝染病に指定されている。家畜の感染例では、傷口から菌が侵入。壊そが進み、体内にガスを発生させ、100%死に至る。
 ただ、治療に当たった五十嶺伸二副部長によると「患者の打撲部分は腫れたが、壊そした訳ではなかった」と、家畜の感染例との相違点があったことも分かった。

 学会に発表した検査課の長野則之医学博士は、「人間に感染した例は世界で初めて。どこで男性が感染したか、感染が広がっているか分からない」と述べ、医療関係者に注意を促した。

--------------------------------------------------------------------------------



この記事を読むと「恐ろしい」の一言ですが、

何より怖いのは「流言飛語」

どこでもなんでもそうですよね。


ただし、リアルで怖いです。そういっても。

この記事だけだけだと、不安が増大しますね。

"気腫壊疽菌"

ネーミングも怖いし。


記事はこの人が家畜に関わる職業だったか?とか大事な事が抜けているのですが、

その翌日に、男性は胸を棒で打ち、軽い打撲傷を負った。


これがよくわかりません。痛いから自分で打ったのかな。
なんでこれが書いてある?

翌日心肺停止で死亡か....

とにかく、思考能力が低下しているので、これ以上書けないですが、

新しく、次々に湧き上がる病気を相手に、あんなに忙しい先輩医師はどこに勉強する時間をつくるのでしょう。

激しく不安です。
ラベル:医療崩壊
posted by にょろすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。