2007年02月23日

Dr ショッピングどころか、モールですかぃ

さて、聞きなれない医療モールのお話です。
ソース↓
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2007022200065&genre=O1&area=K10


医療モールでよりどり診療
京都でも増加、コンサル開業を支援
 一つの施設に専門の異なる診療所が入居する「医療モール」が京都で増えはじめている。1カ所で複数科目の治療を受けられるのが特徴で、これまで府内にはあまりなかった。コンサルタント会社が科目の組み合わせを調整、開業もサポートする面倒見のよさが、医師に受けているようだ。

 今月オープンした松尾メディカル・スクエア(京都市西京区松尾)で内科・胃腸科を開業した冨沢宗太院長は当初、モール志向ではなかったが「内装など接点のない業者とのやりとりで助言を受けるなど助けられることが多かった」という。

 現在は同科だけだが、5月までに耳鼻咽喉(いんこう)科と眼科がそろう。「病院に比べて待ち時間が大幅に短いので、患者のメリットも大きい。小さい病院の感覚で利用してもらえれば」と期待する。

 一方、メディカルプラザ京都(右京区西院)は、商業施設の一角に内科と眼科、歯科が入居して、2004年3月にオープンした。糖尿病治療・予防で各科が連携しているのが特徴だ。

 内科の梶山静夫院長は「糖尿病は合併症が多いので、各診療所の医師が集まって症例研究するなど、チームで治療できるのが強み」とモールの利点を指摘する。

 京都市内では他にも、今年にかけて新たなモール進出を目指す動きがある。さらに、医療モールは名乗らないものの、仲介業者が散在していた診療所を再配置してまとめたり、ビルフロアの一角に診療所を固めて誘致したケースもある。

 医療モールは約10年前から、首都圏や中部圏などで増加した。通常は、コンサルタント会社が予定地周辺の立地などから、どんな患者があるかを分析し、入居科目を調整。医師には税理士や会計士といった専門家を紹介したり、連携病院との橋渡しをする場合もある。

 コンサルティングなどを行う東京都のアイロムホールディングスは「今後は、単に診療所が集まるだけでなく、テーマの明確さが求められるだろう」(同社統合ヘルスケア戦略室)とする。


ショッピングは1店舗だけ...だけど、集まれば消費者はラクだし....

イトーヨーカドーみたいなのをイメージすればいいのかな。
でも、なんだかコンサルタントって人が気になります。

医師は一人ではできない職業だけど、人の意見に沿って医療をするという事は難しいのではないかなと思います。

コンサルタント会社が入ってしまうと、歪みとまではいかないけど、ゆがんだ何かができてしまい、ちょっとなんだか...
うまくいえないけど...みたいな。

どうしても、ダイエーとか、そういう経営危機に陥った企業を
イメージしてしまいます。

聞きカジリですが、経済の原則は膨張する事..だっけ?
でも、医師の学習能力はどうなんだ??
無限だろうけど、単位時間あたりには??

そして大原則は身体はひとつだけってコト。

コンビ二がそうであるように、モールは数が少ないうちは貴重だけど、数が増えてきた際には、あんまり貴重ではなくなります。

安く買い叩かれるようになってはならないと思うのだけど...

posted by にょろすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。