2007年02月20日

夕張....倒産か逃散か..ってならないかな。

夕張の大地にコトー先生 村上医師、市立病院引き継ぐ

産経新聞ですが、ずいぶん煽りの入った記事な気がします。

期待されているのだろうけど、
この先生が志半ばでお辞めにになった時、産経新聞は
どんな記事を書くのでしょうか?

悪名高き道新はどう記事にするのでしょうかね。

これについては、道新のサイトからすでに記事が消えているので、(なぜ情報のソースたる新聞からソースがすぐに消えるのだ?)

伊関友伸先生のブログから
http://iseki77.blog65.fc2.com/blog-entry-563.html



夕張市立病院の公設民営化 村上医師の申請受理  
北海道新聞 平成19年1月11日

 道は十日、公設民営で再建する方針の夕張市立総合病院の運営を引き継ぐため、村上智彦医師=前桧山管内せたな町立瀬棚国保医科診療所長=が提出していた医療法人設立の申請書を受理した。医療法人設立は都道府県知事の認可事項で、道は審査した上で早ければ二月下旬に認可する見通し。

 医療法では一定の資産などが要件とされており、道は認可要件に開業医の実績を加えていた。しかし、今回のように既存施設を引き継ぐ場合は、村上医師に開業医の実績がなくても安定した経営が見込めるとして要件を緩和した。

 村上医師は認可後、新設した法人が市立病院の指定管理者に認められた場合には、病床十九以下の診療所に規模を縮小し、効率的な運営に当たる方針。


これ、求められているのは、税収であって、市民の健康ではないのかな??

医療は今現在のシステムで黒字化は、「そぎ落とし」でしか
できないはずだから、税収って望めるのかなあ。

こうして、いろんな無分別な風当たり、発言で、先生が疲れてしまって、もしお辞めになるような事になった時、

道新をはじめ、新聞はどんな扱いをするのでしょうか?




闘争か逃走か〜fight or flight〜


にならって、

倒産か逃散かって感じです。


病院が倒産(bankruptcy)するか、医師が逃散(straggle ?)
するか。

この結果次第で、建て直しの流れが一度決まると思います。

なんにせよ。夕張市民のみなさまの健康のため、
身体に気をつけてがんばって欲しいです。
posted by にょろすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。