2007年02月24日

31歳の小児科の先生が過労死されたそうです。


まず、
若くして亡くなられた小児科の先生のご冥福をお祈りいたします。


他人事ではないですね。ソースはすぐに消えてしまう道新なので、にょろすけもこのブログに貼っておきます。

この情報を知ったのは、、

勤務医 開業つれづれ日記

からです。医療記事を読む際には、まずこの先生のブログですよね。いつも勉強させていただいております。


北海道新聞
2007/02/23 07:06
  
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070223&j=0022&k=200702237676


小児科医死亡は過労死 時間外、月100時間超 道労働局認定

 道北の公立病院などに勤務していた小児科医の男性=当時(31)=が突然死したのは、月百時間を超す時間外労働による過労死だとして、遺族が旭川労働基準監督署に労災を申請していた問題で、北海道労働局は二十二日までに、労災と認定し、遺族補償年金の支給を決めた。医師の過労死認定は全国的にも極めて珍しい。医師不足の原因の一つとされる勤務医の過酷な労働実態の見直しを求める声が、さらに強まりそうだ。

 男性医師は二○○二年四月から○三年七月まで臨時職員として、○三年八月から正職員として、公立病院に勤務。同年十月に富良野市の民間病院に移ったが、六日目に自宅で突然死した。

 遺族や関係者によると、男性は公立病院で、一市三町(当時)の小児救急を他の医師二人と共に支えていた。午前九時から午後五時の通常勤務に加え、泊まり込みの当直が月三−四回あった。さらに救急患者のために待機する当番が月二十−二十五日あり、多い日で一晩に五回呼び出されたという。月の時間外勤務は平均百時間を超え、休みは月に一、二日だった。

 小児科の救急外来には毎晩平均五人の患者があり、男性の当時の上司は「患者数に比べ医師が足りなかった」と打ち明ける。

 また、富良野の病院ではわずか五日間で三十二時間の時間外労働をしていた。突然死する前日の夜も呼び出しの電話で飛び起き、病院に向かったという。

 遺族は「『僕が死んだら働きすぎだから』ってよく冗談で言っていました」と振り返る。

 国は業務と疾患の因果関係を認める基準として「発症前二−六カ月間、月八十時間を超える時間外労働」を挙げているが、医師の死亡前一年間の時間外労働は毎月百時間を超えていた。

 労働局労災補償課は「労災保険の対象外の公立病院正職員だった二カ月を除く期間で、過重負荷の労働があったと判断した」と説明している。

 申請を担当した高崎暢(とおる)弁護士(札幌)は「あまりに過酷な勤務であり、(職場管理者が)事前にやめさせるべきだった。労災認定は当然」と指摘。医師が勤務していた公立病院長は「今は取材に応じられない」と話している。



との事です。

時間外労働ですが、だいたい22時くらいまで先生方は働いています。そうすると、5時終わりとして、一日5時間は時間外労働が。

すると、医師は仮に土日休みとして(そんな人はまずいないけど)週に23日×5時間=115時間は時間外労働を。

てか先生方、最低このくらい働いていますよね。
これに当直やら救急やらが入ってきますよね。

100時間を超える先生ってほぼ100%なんじゃないかな。にょろすけの印象だけど。


これは外の病院で聞いた話だけど、
この時間外の「残業代」は、どうなってんだ?という話が、
卒後5年目くらいの先生の間で話になった場にいたことがあります。


その病院は、月100時間までの残業代が請求できるそうです。
時給2000円という事だったので、残業代を請求すれば20万収入が増える訳です。

ある先生が、「...という話を聞いたのだけど、請求していいものなの?」という事を同僚に言っていました。

同僚の先生は、「そんなの当たり前だぞ」と言っていました。

だけど、
「請求すると、事務が嫌な顔するし、上の先生が請求していなければ、やっぱりまずいと思うので、上の先生がしていたらした方がいいんじゃないかな」

という話に落ち着いていたと思います。


医師に「労働環境」についての教育はまったくされていないですよね。(考えてみれば...たしかに)

だから、自分の身を守るためには、自分で考えて実践しなければならない。


まあ、ただ、残業代もらっても、使う暇がないそうです。

それもどうかななんだけどね。


勤務医 開業つれづれ日記から引用ですが、

以前は公務員、大学職員は
「労働基準法が適応されない」
ということが大っぴらに言われていました。


これは聞いた事あります。

この関連の事が、
"医療崩壊"や、"大学病院のウラは墓場"でも書かれていた気がします。看護士には労働環境を守る団体があるのに、医師は何もない。だっけな。

でも、今は違うので、知らないとトラブルになった際に武器が足りなくなる。


あと

労働基準法を医師に適応すると
医師が足りなくて、
日本医療が崩壊するからです。




これもそう思います。正直、医師の使命感と義務感で残業はしていると思います。

今のシステムで、医師が騒げば、あっという間にダメになってしまうと思います。それは嫌なことだけど、システムの事は政府になんとかしてもらうしか...


とにかく、労働基準法の勉強はしておいた方がいいのだと思います。

最初の数年は丁稚奉公で、仕事を覚えるために、ただひたすら
上の先生の技術を盗む。そのためには苦労は厭わない。
(でも31歳でなくなられた先生は、今から...だったのに、
この発想では、自分も2番目になりかねない。)

それはいいと思います。

だけど、自分が上の先生になった時、下の先生に、この議論をされた際、知らない故に怒鳴りつけるような医師になりたくないです。

後進がいなくなりますし。

とにかく、若い先生の冥福を祈りつつ、2人目の先生が出ない事を、そして、自分がそうならない事を願うばかりです

タグ:医療崩壊
posted by にょろすけ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。