2007年02月11日

マッチングランキング 中部編

出典は2ちゃんねるから。順位は倍率が高い順みたい。

順位 病院 枠 希望者 倍率
1 名古屋セントラル病院 5 34 6.8
2 聖隷浜松病院 12 67 5.6
3 加茂病院 12 57 4.8
4 海南病院 12 52 4.3
5 名鉄病院 7 30 4.3
6 昭和病院 12 49 4.1
7 公立陶生病院 16 64 4
8 済生会松阪総合病院 5 20 4
9 静岡赤十字病院 10 39 3.9
10 春日井市民病院 12 44 3.7
11 稲沢市民病院 5 17 3.4
12 佐久総合病院 15 49 3.3
13 松波総合病院 4 13 3.3
14 半田市立半田病院 10 31 3.1
15 大垣市民病院 15 45 3
16 トヨタ記念病院 15 43 2.9
17 安城更生病院 20 57 2.9
18 名古屋掖済会病院 17 47 2.8
19 尾西病院 4 11 2.8
20 岡崎市民病院 14 38 2.7
21 藤田保健衛生大学病院 25 67 2.7
22 名古屋市立東市民病院 8 21 2.6
23 一宮市立市民病院 12 31 2.6
24 名古屋記念病院 10 25 2.5
25 津島市民病院 6 15 2.5
26 岐阜赤十字病院 4 10 2.5
27 羽島市民病院 4 10 2.5
28 四日市社会保険病院 4 10 2.5
29 旭労災病院 5 12 2.4
30 岐阜県立岐阜病院15 35 2.3

こういうのは貼り付けていいのかが分からないけど、ダメだったら消しますです。

先輩方どのように決めているんだろう。

まず、それ以前に知らない名前の病院が多すぎる。

ネットである程度情報を集めてから見学に行くって事なのかなあ。
posted by にょろすけ at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

次のレジナビ

一部では、医局から病院からまた一人と辞めていく報道がなされており、崩壊まっただなかにさらされている訳ですが....

そんな中でも、医師としてやっていけるかは病院決めて
見極めにゃならない訳ですわ。

できれば医師としてやっていきたい訳だし。

そんな訳で、レジナビの予定。


第27回日本医学会総会 Presents  医学生のための臨床研修指定病院合同セミナー(大阪)

■日時 2007年 4月 7日(土) 10:00〜17:00 )
■場所 京セラ(大阪)ドーム(9F スカイホール



レジナビフェア2007 for RESIDENT in 東京 『研修医のための後期研修合同セミナー』



■日時 2007年 5月27日(日) 12:00〜(予定)
■場所 パシフィコ横浜 展示ホールD

かなあ。

にょろすけは大学で基本決めているのだけど、レジナビは今回は
見に行く予定。

後期研修も大学で決めているけど、一応見る予定。

意味ないじゃんっとも思うけど、外病院の状況をフラットに聞ける機会もなかなかないかなあって。

後期研修はまだ先だと思うけど、そもそも初期研修中に後期研修の事考えて病院見学する余分な時間はあるのか?
という疑問。

後は、この時聞いた話が果たしてその次の年に本当になっているかを確認したいと。

まったくどうしたもんかね。

posted by にょろすけ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

とんでもねえ話。

あくまでもネット上の噂だけど、

福島県の産科の先生の裁判で、検察側は参考書としてSTEP産科を使っているという事。

本当ならばえらいこっちゃ。

てか、STEP産科を専門書(専門書には違いないが)と考えているならば、そこをつっこんで弁護側の勝利ってできんかね。

まともな医者ならSTEPを参考図書として癒着胎盤を語られたら
激怒でしょうね。

学生にとって迷惑なのは、先生方のSTEPに対する嫌悪感が増す事。今でも結構眼は冷たいです。

逆に言いたいのだけど、読み物な教科書であれ以外に本が無い気もします。導入にはいいんじゃないかなと。

とにかく厳しい産科事情。
多分、なくならないんだろうなあ。


posted by にょろすけ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

なんか状況やばくね?

医局人事(どこの病院に医局員に研修をさせるか)の時期は春と秋のようですが.....

北海道ではこんな記事


道内地域病院 医師引き揚げ拡大 新たに5カ所 診療の縮小も  

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&j=0030

北海道新聞

2007/02/02 11:34



 道内の公立病院などに医師を派遣している北大、札幌医大、旭川医大の三大学が各地の病院から続々と医師を引き揚げている。一日、新たに道内五つの病院が、医師の引き揚げや退職により、診療体制縮小を迫られていることがわかった。二○○四年四月、新人医師に臨床研修を義務付けた制度の導入により、大学内の医師数が大幅に減っているのが直接の原因で、四度目の異動期にあたる今春、医師引き揚げによる医療の空白はさらに拡大する様相を見せている。

 臨床研修制度では、新人医師が研修先の病院を自由に選択できるようになったことから、医師は首都圏などの有力大学や有力民間病院を選択する傾向が強まり、地方大学医学部からの医師流出が進んでいる。このため、春の異動期のたびに、大学が地方病院に派遣している医師を引き揚げる事態が繰り返されている。

 道内三大学などは○四年四月以降の二年間で道内百六の自治体病院の四分の一に当たる二十六病院から八十七人の医師の派遣を打ち切ったり引き揚げたりし、その後も医師の空白が続いている病院は多い。今春の医師引き揚げにより、地域医療の危機的状況に拍車がかかるのは必至だ。

 新たに医師の引き揚げなどが判明したのは、旭川赤十字病院(後藤聡院長、七百六十五床)、市立室蘭総合病院(近藤哲夫院長、六百九床)、根室管内中標津町の町立中標津病院(栗林弘院長、百九十九床)、留萌管内羽幌町の道立羽幌病院(奥雅志院長、百二十床)、根室管内羅臼町の羅臼町国保病院(高橋稔院長、四十八床)。このほか、市立根室病院(羽根田俊院長、百九十九床)では、内科の常勤医の派遣打ち切りを決めている旭川医大が新たに外科の常勤医二人も三月末で引き揚げる方針を固めた。

 札医大は旭川赤十字病院に小児科医三人を派遣しているが、今春から一人減らすため、同病院は独自に通勤医を確保、三人体制を維持する。ただ、派遣医の一人は十月以降の勤務を保留している。

 市立室蘭総合病院では、札医大が皮膚科の常勤医二人を六月末までに引き揚げ、七月以降は出張医を週一−二回の診療にあたらせる。

 町立中標津病院でも四月、内科の常勤医一人が退職する予定で、道立羽幌病院では、札医大が三月末で整形外科医一人を引き揚げ、四月以降は札医大の出張医による週二回の診療体制に変わる。

 羅臼町国保病院では、一人しかいない外科の常勤医が三月末で退職する。羅臼町は外科医の出身校である北大に後任派遣を要請する考えだ。



いろんな医療ブログが指摘しているように北海道の医療状況は大変な状況になっているようです。別の話では半径120km以内に内科外科一人もいないなんて状況にもなる可能性も出ているみたいだし。


そういえば道内には、3つの医学部があったけど、この記事によると
どこも「無い袖はふれぬ」と医師の派遣はできないらしい。

そりゃそうだ。いないんだもん。

今日は授業の最初に教授が、
「1月に30人以上の町長市長に医師派遣の要望をされたけど、正直辛いです。
だって、医師は不足しているし。医師は足りていなかったのはここ数年ずっとだけど、飢餓感が増したのはここ最近かなあって。」

こうしてみると、来年の4月に各大学での医局人事は再来年を占う重要な神事になりかねないっすね。

だって、実家の方にある病院、ってだけで選んだら孤立無援な状況だってありうるし。

どうなるんでしょうね。ここ3ヶ月の医療関係のニュースは本当に暗いものばかりナリ。

posted by にょろすけ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

子宮頚がんの予防接種


たまたま先日まで産婦人科をまわっていたので、紹介。

日経メディカルから

子宮頸がんの予防接種義務化
11−12歳女子にテキサス州
 【ワシントン2日共同】米テキサス州のペリー知事は2日、州内の11−12歳の女子に対し、性行為などで感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が引き起こす子宮頸がんの予防接種を義務付ける初の行政指示書に署名した。

 AP通信が伝えた。若い女性の間で増えている子宮頸がんを減らせるとの期待がある一方、未成年の性行為を助長するとの反発や知事が製薬会社と癒着しているとの批判もある。



どの程度効果があるかは分からないけど、予防摂種は基本的にいいんじゃないかなあ。

日本もそうなるのかしら。


ラベル:医学
posted by にょろすけ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。